アンチエイジングの強い味方になる化粧品です

40代にオススメ化粧品にEGFやFGF配合コスメがあります
EGFというのは1962年にアメリカの生物学者のコーエン博士によって発見されて、後にノーベル医学生理学賞を受賞しました

スポンサードリンク

EGFというのはおもに肌の表皮の細胞に作用してくれるので年齢とともに周期が遅くなっているターンオーバーを正常化する働きがあります、もうひとつのFGFは真皮の繊維芽細胞に作用してくれるかもしれない成長因子(グロース・ファクター)です

この成長因子はタンパク質でできているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の生産促進や血管を強化してくれる働きがあります

この2つのEGFとEGFは人間の衰えてきた細胞を再生し、増殖させてくれます、そうすることにより、肌が本来持っている力を取り戻してくれるので衰えてきた肌にできたシミやシワやたるみを改善するように効果が期待できます

2001年にはFGFが配合された潰瘍治療薬が日本で認可されましたので医療現場で利用されるようになりました

EGFとFGFは1つ1つでも十分効果がありますが、2つ一緒に使うことにより相乗効果が得られるというデータがあります

若肌になりたいという女性の夢を再生医療というあまり聞きなれないところから最近では化粧品へも配合されて身近な存在になりつつあります

成長因子(グロース・ファクター)はたんぱく質の1種でして、人間の体内でコラーゲンヤエラスチンを生成してくれる細胞や全ての細胞増殖をコントロールしてくれる働きを持ち合わせています

先に似た成分でプラセンタがありますがこの成分はなぜ美肌効果があるのかというと、胎盤に含まれる成長因子が効果を発揮しているからなんです

さまざまな成長因子の中で肌に効果を発揮すると特に注目されているのがEGF(上皮細胞成長因子)とFGF(酸性繊維芽細胞成長因子)の2種類です

2001年にFGFが潰瘍治療約が日本で許可された後に育毛や、美容皮膚科の治療などにも利用されるようになりましたが、その後の2005年には化粧品にも配合が認められました

イコール肌の再生が早い(若返る)ということに繋がるのでしょうか、元々は医療の分野で実績がありますので美容の分野でもとても注目されています、鮭の氷頭から抽出した成分がとても高価だったようにこのEGFがコスメに認可された頃にはとても高額な商品だったようです

最近では同じような働きをするEGF様ペプチドやFGF様ペプチドが出てきて、コスメにも配合されやすくなったので、毎日のケアに取り入れられるようになりました

とても高価イメージですが購入された化粧品はもったいないからと説明書の量より少なめにチビチビと使わないで、しっかりと使用量を守ると化粧品の効果が実感しやすいでしょう

再生医療からでてきて化粧品にも幅広く応用されるようになった成長因子という成分
FGF配効果EGF化粧品はとさまざまな改善がされて今後は益々身近な存在になり私達アンチエイジングをめざしている方々の強い味方になる事でしょう

スポンサードリンク