排卵日前になるとニキビが出来て困ると思っている方が多いです

今すぐにニキビが出来ないようにするというのには無理が有るかもしれませんが日々の生活習慣を気をつけることが、にきびのケアにつながります

不規則な生活習慣や睡眠不足ではホルモンバランスを崩し、肌のターンオーバーが乱れる原因になりますので、普段からたっぷりと睡眠をとることはにきび予防にとって大切なことです

スポンサードリンク

ターンオーバーが乱れると角質が肌を守るために厚くなってしまい毛穴に皮脂が詰まってしまい、にきびの元になります人間の肌が作られるといわれるゴールデンタイムである時間帯は夜11時~午前2時頃だそうです

肌の回復を早めるには新しい肌が作られるこのゴールデンタイムに十分な睡眠を取ることが、肌をキレイする事になりにきびのケアにはとても効果的なのです

ニキビができる他の原因には生理の前になると女性の黄体ホルモンの分泌量が増えて皮脂の分泌量がどうしても多くなります、女性の場合は、排卵日後に普段よりにきびがとてもできやすい状態になります

また最近の女性は以前よりもなにかと肌が弱くなっているように感じます、肌自体が弱くなり大気汚染や花粉など色々な外的要因もあるのでしょうが、とても肌が敏感になってるのもひとつの要因だと思います

肌のバリア機能が壊れている場合にはいくらニキビケアをしても肌は元通りになるばかりか、ドンドン肌の状態が悪化するようなスパイラルに陥る場合もあります

一度肌の角層の状態を正常にしてあげて、肌のバリア機能を回復させてあげましょう、その上でのにきびケアが効果的だと思います

生理の前後、排卵日であるこの期間は特に丁寧に、お肌のにきびのケアをしましょう、最近では色々なニキビをケアする化粧品アイテムが販売されていますがどのアイテムがもあなたの肌に合うのかわかりません

保湿成分のある化粧水などで、にきびのケアが十分なこともあります
肌の皮脂の分泌が多い時には乳液やクリームとかの油分の多い化粧品をあえて使わなくても良いでしょう

ここ年々かで増えてきているのが体内のホルモンバランスを崩してしまい、にきびの原因となるのがストレスでしょう現代人は色々なストレスがあるとは思いますが、できるだけ規則正しい生活をする事がにきびのケアにも良い結果に向かいます

夜型の生活になっていませんか?ジャンクフードやファーストフードが多くないですか?
スナック菓子ばかり食べていませんか?
日常生活や3度の食事のリズムが崩れていると肌にストレスが知らず知らずにかかるからです

なるべくストレスのない生活を心がけて規則正しい生活に戻す事が、にきびケアでは重要なことです

休日には温浴やアロマテラピーでリラックスしたりして、自分なりにストレスを溜め込まない工夫をすると良いですね

スポンサードリンク