生理の前後にニキビが出来ると感じている人は多いようです
生理の前と後には女性はホルモンバランスが不安定になりその影響がもろ肌に反映されるようです。

特に生理前には男性ホルモンが活発になって来る影響で女性の肌の皮脂の分泌が活発になり生理前にはニキビができやすくなります。

黄体ホルモン(プロゲステロンと呼ばれるホルモンです、このホルモンが分泌されるとニキビもできやすく悪化もしやすい状態になります。

皮脂分泌が活発になると毛穴に皮脂が溜まりやすくなるのでニキビがとてもできやすくなるのです。
生理前や排卵日の前後のニキビや肌荒れ対策方法としては活発に成る皮脂の分泌に備えてスキンケアを少し気をつけると良いでしょう。

スポンサードリンク

具体的なスキンケア方法としては

肌の状態は黄体ホルモンの影響でピシ分泌が活発なので毛穴に皮脂がたまりやすくなっています、シミ、くすみ、むくみも出やすくなっています。

皮脂の分泌が多いと肌はベタつきやすくなりますから洗顔をいつもより丁寧にして皮脂が毛穴に溜まらないように気を付けましょう。
いつもメイクアップしている方はまずはクレンジングで落としてから洗顔すると良いでしょう。

ただこの時に使うクレンジング剤ですがもしもオイルタイプを使っているのでしたら、オイルタイプは洗浄力が強いのですが必要以上に肌の油分も奪ってします。

肌が乾燥してニキビができる原因になりかねません。

生理が終わり排卵前後に成ると今度は卵胞ホルモンの分泌が増えるようになり、脂っぽかった肌が正常な状態に戻って来ます

くすみも取れてきますし、顔色も良くなってきます、メイクのノリも良くなりますがこの時期もやはり乾燥に注意が必要です、部分的なカサつきがありましたら保湿するように心がけましょう

乾燥したままにしておくとニキビができやすくなります。
ニキビが気になる方はミルクタイプかジェルタイプのクレンジング剤を使うようにしましょう。

メイクをしていないか、パウダーをはたいているだけの方でしたらいつもの洗顔石鹸で1回洗ったら十分です2度洗いは不要です。

肌を清潔になるように心がけ、目元や口元のかさつきには注意してしっかり保湿をすると良いでしょう。

生理が始まると今度は皮脂の分泌が低下してくるので肌が乾燥しがちになります。

身体も冷えやすく成りますので肌が敏感な状態に成ります、生理が終われば卵黄ホルモンの分泌が増加しますので身体免疫力も回復していきます。

肌の状態は安定してきてニキビは出来ににくく成りますがこの時期も肌を乾燥させないようにしっかりと保湿をしましょう。

 

この時期はスキンケアばかりでなく、栄養バランスにも気を使って十分に睡眠をとる事が大事です。

生理の前後というのは免疫力が落ち体力も筋力も低下しがちです、ウィルスなどを拾ったりもしがちですので特に体調不良にならないように気をつけましょう。

 

生理の後排卵時期に成ると肌の状態もかなり回復してきます、ここまで心がけてしっかり肌をケアしていると効果が見えるでしょう。
肌の調子がせっかく上がって来ているので基本的なスキンケアはしっかりとしていきましょう。

92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れの悩みに!

排卵日の前後はニキビが増える|生理前の肌荒れ対策はホルモンバランスが鍵?まとめ

現代人は忙しくて夜の就寝時間がかなり遅くなっていますが慢性的な睡眠不足では肌の状態を改善する事は難しいので出来るだけ日々の生活習慣を見直して見ましょう。

いつも遅く寝ている方は少しでも早く寝て睡眠時間をたっぷりとるように心がけましょう、睡眠時間は足りていても、実は寝ている時間だけでなく時間対も関係しているのです。

寝る時間対が真夜中の2時で、朝は遅めの10時なのでたっぷり図移民時間が取れているように思われるかもしれませんが実は私達の身体は夜中に成長ホルモンを分泌しているのです。

身体が夜中に休めている間に新しい細胞を一定のサイクルで作って日中のダメージから回復するのを助けています。

夜の10時から真夜中の2時までがホルモンが分泌される時間だと言われていますのでこの時間には、お布団に入って眠りに入っているようにしましょう。

朝方まで起きているとホルモンがうまく分泌できないので肌のターンオーバーと呼ばれる修復がスムーズに進まずニキビはできやすく成ります。

夜更かしさんでしたら少し早めに寝るように心がけてみませんか?

この簡単なスキンケアや生活習慣の見直しだけでもかなりにきび改善に成るでしょう。

スポンサードリンク