生理前には気を引き締めないと手痛い目に合います

生理前になると必ずといっていいほど肌荒れが起きたりニキビができたり、肌トラブルを起こしやすいのはみなさん経験済みだと思います

スポンサードリンク

これは生理前の黄体ホルモンが男性ホルモンと似たような働きをしてしまうので皮脂分泌が増えてきてニキビになったり、毛穴が開いたりするからです

生理が近づくといつもよりイライラしたり足がパンパンにむくんだり、腰が痛いような重いような感覚や、下腹が張って生理痛が重いなど女性にとっては生理は気分が沈みがちになりますね

ホルモンのバランスが変化する生理は肌にも身体にも大きな変化をもたらしています

特に排卵後は体調が悪くなりがちで、身体の抵抗力だけでなく皮膚の抵抗力も落ちていますので注意しましょう

生理前の時期は全体的に抵抗力が落ちる時期ですので、刺激などが強い、角質ケアコスメを使ってしまうと抵抗力のない肌は無防備ですのでばい菌などに負けてしまうことがあります

顔など肌はにはホルモンの働きによって皮脂分泌が増えてニキビになり、毛穴が開いたりするので角質層も厚くなります、それで肌がゴワついたようになってしまします

1説にその時には角質が厚いのでピーリングなどの角質ケアをしましょう、という風潮もありますが身体や皮膚の抵抗力が落ちているので無理は禁物ピーリングや洗顔スクラブなどのなどの角質ケアはお休みしましょう

角質ケアもそうですが、無理するとますます肌荒れがひどくなりますのでこの時期は新しい化粧品を使うのも一旦中止しましょう

肌だけでなく、身体の筋肉も緩抵抗力が落ちるようです、生理前は風邪をひきやすかったり膀胱炎になってしまったり、あげくの果てはぎっくり腰になった例もあります、身体全体の体力も落ちていると思います

生理前は時に気を引き締めて生理を迎えた方が良いと思います

スポンサードリンク