生理前の肌荒れがひどい本当の原因とは何でしょうか?

女性の身体は月に1度排卵して生理があるという複雑なしくみを持っているためでしょうか「女性の病気は男性の10倍治りにくい」と言われているそうです

どうやら病気も複雑になるようです
 女性は1ヶ月の中で大きく変化するだけでなく、初潮がきてから閉経まで女性ホルモンが年々少しずつ変化してゆき、また妊娠と出産の時にはさらに劇的に変化します

スポンサードリンク

この女性ホルモンは当然のようにお肌に大きな影響を与えます
 生理前の肌荒れやにきびで悩む方は対策も必要となってきます

これからお話する事を理解していただくには、黄体ホルモンと、卵胞ホルモンの2種類があることとわかっていてください

生理前に分布されるホルモンが黄体ホルモンです。このホルモンによって皮脂分泌が増えて生理前肌荒れ、ニキビが出来たりシワも できやすくなると言われています、生理前になると、下腹の痛み、腰痛、頭痛、めまい、吐き気、ひどいむくみ、便秘、ニキビ など

他にも、肩こりや手のしびれなど、他の病気と紛らわしい症状を感じることもあるようです

身体がむくんだり、なんかイライラする事があるのは黄体ホルモンの影響なんですね
特に、普段の生活が不規則だったり、ストレスが強かったりすると、より強く現れます、体質的に仕方ない部分もありますが、なるべくなら身体は楽に過ごしたいものです

しかも、この生理前の時期は肌が普段よりも弱くなっていると思っていてくださいね

生理前の肌荒れ対策としては、スキンケアを使う時には敏感肌用の化粧品を使った方がいいでしょう、ニキビ用の化粧品とか美白用のお手入れとか特別な事などせずに、最低限の保湿に努めましょう

生理前の肌荒れの対策として、婦人科の先生によると・毎日、規則正しく睡眠をとり、寝だめをしない・緑黄食野菜を摂るために工夫をする

・ホルモンバランスを整える漢方薬を飲む(婦人科の先生に処方された場合・ウォーキングなどの軽い運動をする、運動をすると自律神経を安定させてくれ・ストレスに対する抵抗力を高めるのに役立つ・スキンケアはクリームなど多い化粧品を控えて、保湿効果の高い美容液や・ビタミンC誘導 体配合の化粧品を使いましょう

スポンサードリンク

例えば生理前の肌荒れ、ニキビが酷かった方は3週間ほどでニキビが減り初めて 約3週間後にはかなり肌が綺麗になります、 時々、夜更かしをするとニキビは再発するかもしれませんが、きっと良い肌の状態を保てるでしょう

ただ、シミがとてもできやすい時期ですので、紫外線予防は怠らないでください
生理前に黄体ホルモンが出ることに対して、生理後に分泌が高まるホルモンがあります

卵胞ホルモンといいまして、このホルモンは肌にみずみずしさを増したり、コラーゲンを増やすなどの作用があります、うれしいホルモンですね

以前はあまり知られていなかったホルモンですが、女性の肌の美しさを左右する美肌作用のあるホルモンとして世間に認知されてきました、肌の若さを保つガギがあるとまで言われていて脚光を浴びています

このエストロゲンは生理周期を維持することに貢献しているホルモンですので、もし無理なダイエットをして生理が止まったりすると、肌の老化は早まってしまいます、生理は美容と健康のバロメーターになっています

もしも、すぐに子供を持つ予定が無くても生理が止まった場合は婦人科へ行ってください

生理は来ていても排卵だけの場合があるのです、生理が来ないということはそれだけ女性の身体に影響を与えているのです

そのままにしていると、早期閉経になり肌は衰えるばかりですエストロゲンは思春期の頃から急激に増えて30代の後半から減り始めて閉経とともに急激に低下していきます

この分泌を守る方法は健康的な生活以外にはありません、人口的に薬などでエストロゲンを増やすことができるかというと簡単には増やすことはできないのです

ホルモンというのは身体にとても多大なる影響を与えるものなので、美容のために簡単に薬で摂ったりするのは危険な事なのですもし、男性に女性ホルモンを多量に投与すれば女性化することができるように、ホルモンというものは作用が強いのです

この女性ホルモンの代わりに最近もてはやされているのが、女性ホルモンに似ているのある大豆イソフラボンというものです、日本人は、昔から和食を食べていますが、大豆を多食するために長生きもして、更に老化が遅いといわれています

ただ、いくら女性ホルモンに似ているといっても、女性ホルモンと全く同じでは無いので大豆を沢山食べたから、シワが無くなり、シワが消えるとは期待しないほうが良さそうです、生理前肌荒れには色々原因がありますので、これ以上肌が荒れないように注意を払って過ごしましょう

スポンサードリンク